除菌アルコールスプレーで虫が退治できるんです。
中にはそれによって、殺虫剤を断捨離できた人もいて、ミニマリストとしては物がまた減るという点でも嬉しい限りです。

 

ありやコバエ、ゴキブリなどの虫などをやっつけるのってほんと大変ですよね。
ケミカル臭もかぎたくないし、あとの薬剤の拭き取りもほんとイヤですよね。
家族もいない時間帯だったら、自分一人で奮闘しなくてはいけません。

 

この記事では、いつも台所で使っている除菌アルコールスプレーで虫を退治する方法をご紹介します。

準備するものも少なくてすみ、簡単にできるので是非、お試しくださいね。

スポンサーリンク

除菌アルコールスプレーで虫退治

除菌アルコールスプレー 虫退治
引用元:http://daikichi8ppy.blog.jp/archives/73780413.html

 

除菌アルコールスプレーを常備しとくといいよ。という話は
こちらの記事でも書かせていただきました。
エコクイックアルファはパストリーゼの代替品になる?口コミも紹介!

 

虫を退治するのに、巷では、殺虫剤というものも売っているのですが、やはりそれらはなるべくなら使いたくないです。


個人的に、殺虫成分のケミカル臭が大嫌いですし、黒や緑の殺虫剤のスプレー缶を見るだけで、気持ちが冷めてしまうんですよね。

虫や、ゴキブリを殺すことに直結したイメージが浮かぶんです。
(メーカーはそのつもりで作っているんでしょうから当たり前なんですが)

 

収納の問題としても、
スプレー缶をしまう場所も必要で、貴重な収納スペースを占領してしまうんです。
収納スペースに敏感になっている私としては、やはり複数の用途を兼ねているものを選んでいきたいわけです。


なので、除菌アルコールスプレーで虫退治ができると聞いたことは、一条の光明、いやそれ以上にサーチライトで照らされたような気分で舞い上がってしまいました。

 

スポンサーリンク

アルコールスプレーで、虫が弱ったり死んだりする理由

高校の生物は苦手科目でした。

私個人としては、
「78%もの強烈なアルコールをいきなり吹き替えられたら、そりゃ死ぬやろ?」
という理由で充分なのですが、


「そんな、雰囲気だけで、答えてもらっても納得できん。」
という方も多くおられるでしょう。

なので、みなさんに納得していただきたく、調べましたよ。
アルコールスプレーで虫に致命傷を負わせる理由は確かにありました。

 

  • 虫の呼吸器官は、腹部『しっぽ方向』にあり、ここにエタノールが付くと発汗作用が発生し呼吸困難に成る。
  • アルコールもハッカ油もすぐに蒸発するため、その気化熱でゴキブリは体温を奪われる。
    冷気に弱いゴキブリは動きが鈍り、そこに追い打ちをかけることができる。

その後はこういうもので、かぶせて捕獲!
(最初からこれ使えば?というのはおいといて^^)

ピタ郎(動画の作り方も微笑ましくて好きです)

https://www.youtube.com/watch?time_continue=209&v=HMEondFu_vA

 

体温低下したゴキブリをアルコールが体表の油分を分解。
同時にハッカ油も気管に侵入し、ゴキブリに有害な成分を拡散する。
体内器官を破壊され、死に至ります。

 

という流れになります。

 

人間で言うと、服毒&急性アルコール中毒で死亡という状態でしょうか。

どの除菌アルコールスプレーでもよいの

ゴキブリの場合、エタノール濃度が50%以上、必要とのことです。

 

私が愛用しているエコクイックは78%のアルコール濃度なので問題なしです。
ちなみに果実酒に使うホワイトリカーは35%なので効果が薄いようです。

除菌アルコールスプレーで虫退治をする際の注意点

  • 高濃度のアルコールをまくことになります。
    火気厳禁です。
  • 霧状に広がるタイプのノズルを選びましょう。
    足の速いゴキブリなどをしとめる場合、広い範囲で噴射できるほうがよいです。
  • ゴキブリに対しては、エタノール濃度が50%以上のものでないと効果がないようです。
    自作される際にはエタノールの濃度にお気をつけ下さい。

ハッカ油でゴキブリ対策

ロハコ

598円 20ml

ハッカ油の効用

  • 暑い日に助かる涼感・制汗スプレー
  • 気になる生活臭を消す消臭剤
  • 網戸やゴミ箱、鉢植えの虫除け
  • 毎日使えるお掃除スプレー
  • 眠気覚まし、集中力アップ
  • 口すっきりのマウスウォッシュ
  • 寝苦しい熱帯夜も安眠
  • 紅茶などお好きな飲み物を爽やかに

いろいろとありますよね。精油の中ではとても買いやすい金額ですし。

これだけ使えるハッカ油なので、1本用意しておいてもよいですよね。

 

500mlのスプレーボトルに入った除菌アルコールスプレーなら、大さじ1杯(15mm)くらい入れるでしょうか。
防虫なら数滴でもよいのでしょうか、ゴキブリ駆除にはこのくらいで効果があったという声もありました。

 

様子を見ながら加減してくださいね。

まとめ

以上、除菌アルコールスプレーを使った、家の中のいやな不快な虫の退治方法でした。

 

ハッカ油は年中、使える万能なオイルです。
これを機会に、みなさんのおうちの環境がさわやかに整えられますように。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

こちらの記事も参考になります。

エコクイックアルファはパストリーゼの代替品になる?口コミも紹介!

ドーバーパストリーゼはどこで買えるの?お得な買い方のまとめ

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で