押し入れの空き具合によって、断捨離が成功するかどうかが決まると言われています。
何と言っても、THE!収納スペースだから見直しやすいです。
(使われてないものも発見される可能性大)

また、布団というものの性質上、

ゴッソリ捨てられる=空きスペース出現!

 

というチャンスにあふれた場所なんです。

 

押し入れに不要な物を押し込み、とりあえず視界から隠せたとしても、
片付いてない、把握してないものがあることを知っているのは自分です。

 

自分はごまかせないのです。

 

そこが断捨離できると、フットワークが軽くなるので、
断捨離成功への道にグンと近づける ということになります。

とはいえ、

  • 布団の断捨離と言っても何から始めたらいいかわからない。
  • お客さんの多い我が家で当てはまるのかしら。

などと不安に思われる方も多いでしょう。

 

そこでこの記事ではそんな断捨離のコツについてを
長年、物を捨てられなかった私が 1日で押し入れの断捨離を完了させたやり方、(定数管理)をポイントごとにわかりやすくまとめました。

 

私の大好きな収納アドバイザー、プロの片づけ人、石阪京子さんのやり方なので、即、効果を実感していただけますよ。

スポンサーリンク

布団の断捨離のコツ

布団 断捨離 コツ

石阪京子さんのやり方では、押し入れも含めてバックヤードをいったん、まず空っぽにします。
断捨離の始め方!どこからが正解?たった3つのコツでスタートを切る

何も、考えずにとにかく押し入れの中から物を出します。

  • お客様用布団
  • 季節の道具
  • 洋服
  • かばんも本
  • 衣装ケースや収納ケース などなど。

もそれごと出しておきます。

あなたの押し入れが布団だけしか収納せれていないのだったら、布団だけを出します。
いろんな物がごっちゃに入っているお宅でも、今回は、布団だけの断捨離なので、布団の数だけ見ていきましょう。

 

この時点でもう捨ててもいいなと思えるものが出てきていることもあります。
別の場所に捨てる物コーナーを作って、そちらにひとまとめにしておきましょう。

物がどかされ、空いた空間が見えてきましたか?

 

湿気があったり、カビが生えてたり、虫の死骸があったりと「ワー!」と思える場面に立ち会うことになるかもしれません。

そういった汚れやゴミは今のあなたにふさわしくないものなのです。
雑巾でほこりをぬぐっておきましょう。

 

まずは、何も考えずに全部出すこと、空っぽにすること。
出すこと、選択することは同時にはしません。

頭に同時進行して考えさせると、疲れてやりたくなくなってしまいます。
この頭の使い方はすべての断捨離において必要なやり方なので覚えておきます。

布団の定数は何枚?

さて、あなたの家には布団が何組ありますか?

お客さんが来るから、家族の人数+2セット。
という方もいるかもしれません。
でも、それは何枚ですか?

「何枚です。」
とはっきりと言えないうちは、その数字はあなたにとって、多すぎるのです。

家にある、すべてのものの居場所を決めるためには、定数管理を必ず心がけるようにします。

 

そこで、

布団の最適な定数は?

ということになります。

 

それは、

家族の人数分の布団類一セット

 

です!

4人家族なら、4セット。
3人家族なら、3セットです。

 

家族全員の布団セットを作っていくと どの組にも属なさない迷子の布団が出てきます。
それらは、これを機会に処分します。

断捨離の考え方

そもそも取っておいても誰も使いません。
今までも数も把握せずにとっておいたものです。

 

そのままなくてもあなたはそんなに困りません。

普段、泊りのお客さんがこないような家庭なら、貴重なスペースを 使わない布団のためにとっておくことは、とてももったいないです。
もっとそのスペースを有効活用することを考えましょう。

活かされてこそのスペースです。

 

そうは言っても、たまには泊まりのお客さんが来ることもあるかもしれません。
その時は、レンタル布団で対応できます。

清潔なこざっぱりした布団で寝ていただくとお客様も喜びます。
その時にかかるお金は必要経費だと思って年間の支出計画に入れておきます。

 

我が家では娘が小学4年生、5年生の時、「友達とうちのロフトで泊まりたい。」という声があがりました。

 

安上がりのレクレーションになると思い、快く受け入れました。

 

やる時期を夏休み限定にすると、寝具も最小限で済みます。

 

ブロックマットを敷いて、雑魚寝のような感じで寝て、喜んでいました。
子どもが赤ちゃんの時に使っていたミニシーツが腹掛けの代用品になりました。

 

大人のお客様の時は、私が、床に敷物を敷いて寝て、お客さんに布団を使っていただくことで、十分、対応できます。

私は西式健康法の固床式でも寝られる人なのです。
フカフカな布団だと寝られないくらいです。

 

とにかく、年間のめったに使われない布団の収納代のことを考えると、
レンタル代などは安いものです。

と言っても、レンタルをする前に家じゅうの寝場所をやりくりして、何とかあるもので事足りてしまいそうですけど。

とにかく

スペースにお金がかかっている

ことを胆に銘じて、心して断捨離していきましょう。

スポンサーリンク

シーツの定数や素材は?

布団 断捨離 コツ

シーツの定数

シーツの替えは必要ありません。
子どもがおねしょなどしていた頃ならともかく、汚れたら、洗い、1日で乾かすというのが基本です。

 

まくらカバーも同じです。

布も安ませないと布の寿命が……。

と気になりますか?

それよりも、人数分のシーツのストックがあることに私はもうめまいを感じます。
ストック=管理する必要がでてくるからです。

その分、煩雑になるんです。

リネンのストックは本当に要りません。
(おねしょなどで、シーツを汚す人が家族にいるかによって違ってくるのですが)

シーツの素材

我が家のシーツはこれまで、頂き物や、嫁ぎ先にすでにあったものを使い尽くしてきました。
破れたら処分して、まだ、買わずにすんでいます。(結婚14年目)

どれだけシーツ類のストックがあったのかがわかりますよね。

今回の押し入れの断捨離でシーツ類も処分したので、次回からはやっと自分で選び買っていくことになります。

 

私が以前から、シーツ選びの参考にしようと思っている内容はエッセイストの石黒智子さんが本で書かれているものです。

石黒智子さんのシーツ選び

石黒さんを知ったばかりの本では、シーツはリネンで1日で乾くことが大切だと言っていました。
石黒さんの40代の頃ですね。 乾きの悪い綿だと長く干すことになり、紫外線で生地が傷むそうです。

 

50代の半ばを過ぎたころ、リネンの重さが気になりだしたそうです。
重くて洗濯機から出すのがつらくなってきたと。

 

洗濯や摩耗によって、買った時の半分の重さになっていたけど、それでも重く感じるようになっていたそうです。 それで、次の買い替えは、IKEAのシーツ。(綿50% リヨセル50%)
乾きやすくて、お持ちのベッドのサイズにピッタリだそうです。

 

シーツは敷きやすいサイズというものがあるので、サイズを見極めることも大切ですね。

シーツ選び一つをとっても

石黒智子さんは50代すぎたら、すべては軽さで選ぶと言われています。

私も、今、50代になり、それを実感しているところです。

生き方も軽く、実際の荷物も軽く ということですよね。

少ないものを、短いサイクルで循環させていけば、身体の変化、家族の環境の変化によって軽やかに変えていけるように思います。

変化があったら、すぐ対応できるようにストック品は少なくしておきましょう。

リネン類、シーツは今、使っているものだけ、ストックゼロでいきたいと思います。

布団の種類

私は、これでずっと迷っていました。
すべての布団を押し入れから引っ張り出すという作業をやってないため、全体像を把握できずにいました。

断捨離できるものもあるような気がするけど、それがどれだか今ひとつピンとこないままでいたんです。

それが、石阪京子さんの本で、寝具の紹介されているページで解決しました。

我が家では子どもはベッド、私と夫は布団で寝ています。
寝るスタイルは石阪さんとは違うのですが、応用して考えるとすぐ自分の家の適量がわかりました。

以下、石阪京子さんのご自宅の寝具です。

【秋・冬】

  • 羽毛掛け布団
  • 毛布(寒くなったら使用)
  • ボアシーツ(寒くなったら使用)
  • ベッドパッド

ベッドなので敷布団はないそうです。

 

【春・夏】

  • 羽毛掛け布団
  • タオル素材のシーツ
  • ベッドパッド

羽毛布団は天然のエアコンと言われるほどなのだそうです。

温度調節ができると年中愛用されている方もいますね。
(部屋の空調にもよると思いますけどね。
ちなみに私は真夏は、薄手の肌布団かタオルケットです。)

夏物の掛けものも薄さによって誰が使うか調整しています。
子どもたちは、室温によっては、けぬいでそのままで寝てしまいますよね。

だから、暑い日は薄手のものを子どもたちに。
寒い日は、その逆です。

(大人は少しくらいの寒暖の差なら、身体にかける場所を変えたりして適応できますからね。)
家全体の夏用寝具の絶対量は変わらない このやり方で、我が家の適量は落ち着いています。

また、私は、ボアシーツなどのフカフカした柔らかい素材で寝ることが苦手なので、年中、同じ綿のシーツです。
それでも寒くて眠れないと思ったことはありません。
(次の買い替えでは麻素材のものに替える予定です。)

みなさんも、今、お使いの布団の種類が本当に必要なもので、すべて年間を通して、使われているものかチェックしてみてくださいね。

捨てるかどうかの判断に迷ったら、
1年後に再チェックして、動きのない布団(使われてないもの)は処分する というやり方がおすすめです。

断捨離後の布団をしまう場所と方法は?

布団 断捨離 コツ
厳選されて残ったお布団は、押し入れに仮置きしておきます。

さあ、今度はそのお布団、どこに引き取ってしまいましょうか。
使いやすさを考えるなら、最終的にはそれぞれ各自の部屋にしまうのがいいですね。

持って行き場所が決まったら、各自の部屋の押し入れの天袋などに仮置きしておきます。

 

季節の境目の頃の布団の出し入れですが、子どもがまだ小さくてお母さんの手を借りる必要があるなら、お母さんが管理しやすい場所がいいです。

でも、子どもさんが小学校4年、5年生となると、気温の違いによる布団の加減は、子どもたちでもできそうですよね。
そうなれば、子どもたちの寝る部屋にしまっておきましょう。

気温に合わせた布団の出し入れが最初はできなくても、一緒にやってあげていると段々と覚えてくるものです。

まとめ

以上、布団とシーツの断捨離のコツをまとめました。

断捨離や片付けでは、すべてをとしてとらえるとよいです。

布団やシーツにも定数(枠)がありしまう場所もここ、と枠を決めること。

ここしかない、これだけにする!!

と思うと、なぜか頭の方も知恵が出るようになって、協力してくれるようになります。
断捨離がどんどん加速し始める瞬間です。

 

みなさんも定数で管理していくやり方を身に着けてくださいね。
そして、風通しのよい暮らしを楽しみましょう。

こちらの記事も参考になりますよ。
断捨離の始め方!どこからが正解?たった3つのコツでスタートを切る

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で