こんにちは。
家事・家計の最適化コーチのせいこです。
もうすぐ梅雨が来ますが、みなさんはカビで悩ましいあの季節への心準備はできていますか? この記事では、ドーバーパストリーゼのカビ対策としての使い方をご紹介します。 今までのカビ対策では不十分だと思われる方、またはもっと簡単な方法を探している方はチェックしてみてください。
今年の梅雨はカラッと気持ちよく乗り切れますよ。

スポンサーリンク

 

浴室のカビ対策

浴室の掃除は、やり方によっては毎日、やっていてもカビが生えてしまいます。
みなさん、ご存知とは思いますが、まずはカビができる原因をおさらいしたいと思います。

カビができる原因

カビが発生する条件は、

  • 高い湿度 
  • 暖かい無風条件下 
  • 暗いこと 
  • 栄養源があること(汚れ)

このカビの発生条件を2つくらいもぎとってやれば、カビはストップします。

カビを生やさない2つの方法

カビが生きられなくなれば、カビはなくなるわけですよね。
前章で書いた、カビの嫌う環境を作ればいいんです。
次のことをやってみましょう。

  • 浴室の最後の利用者がシャワーの冷水を壁面に吹き付けて室温を下げること。(低温)
  • 最後にバスタオルなどで浴室を簡単に拭く。(湿度を下げる)
  • 扉を少し開けて換気する。(空気を淀ませない)
  • 浴室乾燥機などがついていれば、それを活用する。
    (湿度を下げる)

とにかく汚れを落として、乾燥状態を作り出せばカビの発生はピタリと止まります。

 

そして、カビは、アルコールが大嫌いです。
アルコールを使うとカビの菌糸が壊されて死滅してしまいます。

 

浴室の温度を下げて、水気を拭き上げればいいんですよね。
入浴後の浴室にひと手間かけることができますか?

 

もし、

面倒くさくて、

それは無理!!

 

というのであれば、

 

アルコールでカビが死滅させる方法である、ドーバーパストリーゼを使いましょう。

 

でも、これもお風呂場が濡れているとアルコールの効果が薄れるので、

ある程度は床や壁を拭くなり、スクイージなどで水を切っておくなりすることが必要ですね。

スポンサーリンク

こんなところをカビ対策

ドーバーパストリーゼ カビ対策

窓辺のさん

窓にできるカビのほとんどは結露が原因です。
冬場の室内と室外の温度差が激しい時に窓の下の方に水滴になっているあれです。

 

うちの窓辺にもできちゃってました。
黒カビですね。
上の画像の隅のところ(-_-;)。

一番の対策は乾いた布でその都度、拭き取ることです。
ドーバーパストリーゼをスプレーするにしても、乾いてないといけません。
湿気が家の中に広がる前に、拭いておきましょう。

 

ちょっとくたっとした使い古しのバスタオルが最適です。
朝、これを持って家じゅうのさんを拭いて回ります。

 

3LDK の我が家で5分でできます。
(結露の時期は毎日やらないといけません。毎日やらないとかびました。体験者です。)

 

さて、

木でできている窓枠に、
ドーバーパストリーゼを使ってもよいのか?

という疑問もお持ちの方もいるようです。
それに対して、以下の記事を見つけました。

「カビた木の窓枠の除菌方法を教えてください。」
という質問に対して、

アルコール除菌スプレーはほとんどが木製の物へは不可と書かれていますが、
私はドーバーパストリーゼをあちこちシュッシュと使っていますよ。
☆窓枠カーテン近くのカビは、
カビキラーなどをキッチンペーパーなどで湿布塗布しラップで
1時間放置後に固く絞った雑巾で拭き取り乾拭きして
※完全に乾いた後に※アルコール除菌スプレーするといいと雑誌に書いてましたよ☆

引用元:
Yahoo!知恵袋

質問者さんは、上記のやり方で良い結果が出たようです。
私も、今度、確かめてお知らせしたいと思います。

 

私は、今年、毎日結露を拭くということができずに、カビを生やせてしまいました。
今年の冬からの結露対策は、しっかりやってこれ以上カビが増えないようにします!

窓のカーテン

ドーバーパストリーゼ カビ対策

またもや我が家の事例で残念なのですが、ここにもカビが生えています。
こうならないためにも、ドーバーパストリーゼをスプレーすると効果的です。

ドーバーパストリーゼは、布にも吹きかけられますからね。

靴箱、押入れ、靴、スリッパにも

湿気の多い場所はカビの温床となります。
拭き掃除にひとふきすれば、除菌・抗菌・防カビ効果抜群。
気になるにおいも抑えます。

食べ物のカビ対策

冷蔵庫内、パッキン、食品にもOKなんです。

食品はカビる前に食べてしまい、冷蔵庫の循環をよくしておきたいのは強く願うところですが、
私も時期と用途に応じて ドーバーパストリーゼを使っています。

効果はこんな感じです。

お餅、パン、果物などの防カビ・保存に効果があります。
カビの生えやすい食品にも直接かけられます。
カビ易いジャムにもフタを閉める前に軽くひとふきすればカビの発生を抑えます。
引用元:ドーバー公式HP

私の家では、時々お味噌を作りますが、その時のカビ対策として、お味噌を入れる容器に吹きかけておきます。
これからの季節、梅干し作りのカビ対策にもよいですね。

まとめ

いかがでしたか?
家中のいろんな場面のカビ対策としてドーバーパストリーゼは使えますね。
本当に万能ですよね。
これからの梅雨の時期、少しでもカラッと心地よい暮らしができますように。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で