スポンサーリンク

Evernoteが便利だと聞いて使い始めたけど、ノートの保存や見直しの時にイライラしてしまうということはありませんか?その理由はノートブックとタグが乱立してしまっているのが原因であることが多いんです。サクッとビシッと、必要なノートを仕分けし、すぐに検索できたら、あなたの脳にもストレスを感じることなく、時短家事のやる気がグンとアップしますよ。

 

時短家事を加速!主婦のEvernoteノートブック作成のマイルールの作り方

こんにちは!

家事・家計の最適化コーチのせいこです。

みなさんはEvernoteを使ってますか?

私もほぼ毎日、使っているヘビーユーザーです。
現在のノート数は551個だから、まだまだ少ない方だけど、
一度、無料からプレミアム版に変える時にブランクがあり、アカウントを作り直しているんで、実際のノート数はその何倍にもなっていました。

期間でいうと2年は使っていたんですよ。

そのくらい使ってみると、無料版の人、プレミアム版の人、どちらにしても
Evernoteが使いづらくなる原因の一つがよくわかるようになったんです。

今回、紹介する方法はとても簡単なので、少しづつでも変えていってみてください。

Evernoteの操作がサクサクになるってほんと、楽しいですよ!

Evernoteを主婦が使う時の問題点 

evernote 主婦 ノートブック

主婦のお仕事ってすごく範囲が広いですよね。

家事、育児、親戚付き合い、PTA、自分の仕事、4人家族だったら、その人数分の情報を取り扱っていることになります。

未来の老後の生活に関すること、家計簿もちゃんとつけたいし、税金も払わなくちゃと留めておきたい情報がめちゃくちゃ広いんです。

だから、Evernoteで管理しようと思ったんでしたよね。

私もそうでした。

でも、今の、Evernoteへの保存の時、問題なく素早く保存できてますか?
探したい情報がスパっと出てきてますか?

もし、あなたがその時、ストレスを感じているのなら、

ノートブックの数が多すぎるか少なすぎるのかもしれません。

ノートブックの数の自分にとってのちょうどの量を見極め、
タグの使い方を変えることで、頭のモヤモヤがスッキリするんですよ。

では、早速、見てみましょうね!

Evernoteのノートとノートブック、タグの違い

まずはEvernoteの基本3単語についてのおさらいです。

Evernoteの使い始めは、ノートとノートブックとタグの使い分けに戸惑うようですね。

  • ノートとは紙一枚一枚のイメージ。(画像やメモ、テキストなど)
  • ノートブックとは、ノートをまとめていれる保管先(フォルダみたいなもの)/カテゴリーのこと。
  • スタックという分類もありますが、混乱しやすいので私はお勧めしていません。
  • タグは、検索にひっかりやすいようにつけるもの。

これらの言葉も使っているうちにだんだんと感覚的に覚えられるようになりますよ。

ノートブックが乱立するとなぜよくないの?

理由は単純です。

後から見直す時にノートブックの数が多ければ多いほど時間がかかりますよね。
目は、視界からの情報をどんどんと脳に送りこんできますから、
Evernoteのテキストの保存先を目が探すだけで、疲れていくんですよ。

このノート、どこに入れるんだっけと迷うことも、気を消耗してしまう原因になります。


では一体どのように分けるのが効率的なのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

ノートブックの決め方の例  

スポンサーリンク


ノートブックを少なければ少ない方がよいと言っている人は
3、4個に絞っている方もいますね。

仕事で使う人 :自社内 外部 その他
料理で使う人 :中華 イタリアン 和食 その他

うーん、これは
主婦には、少なすぎますね。

もっと分類しときたいところです。

すべてタグ付けのみで一元管理という人もいる

Evernoteの検索機能は素晴らしいので、検索するのはタグだけでという人もいますね。

でも、あえて全員集合(検索)かけなくても、探す対象のノートブックに
集まっている方が、早く見つけることができて、結果的に時短になります。

友の会の家計簿の費目分けをそっくり使う  

今回、お勧めするノートブックの作り方は、羽仁もと子家計簿の費目を使うということです。

主婦のEvernote活用法だから、主婦の達人のような人たちのやり方(頭の中)を参考にするのが一番です。

主婦業の達人と言えば、NHKあさイチでお馴染みのスーパー主婦が有名です。

そのスーパー主婦の方々が使っている家計簿が通称、友の会家計簿(羽仁もと子家計簿)なのです。

家庭のミニマム化にも通じる  

生活のミニマム化のキーワードは物同士に互換性を持たせることでしたよね。

ミニマリストの多くは、限られた季節だけに使う食器は極力持たないとか、1つの器でお茶も飲むしビールも飲むというような物が少なくて済むような、ルールを持っています。

結果として、家じゅうの物が減ることになり、手入れの時間も減って時短にもつながるんですよね。

 

というわけで、今回は、そのルール自体にも互換性を持たせるということです。

具体的には、
家計簿に使える費目(仕分け法のルール)を、Evernoteのノートブック(カテゴリー分けのルール)にも使っていくようにします。

ルールとは言い方を変えれば、自分への縛りです。

少なければ少ないほど、いいのです。

正確な言い方をすれば、

  • 数少ないルールを
  • 無意識にスラスラと
  • 使いこなしている状態

を目指しましょう。

友の会の家計簿の費目は基本的に17個です。
この17個の分類は紙の整理法にも使えるので、

家庭内の紙の資料を探す時間がグンと減ります。(この整理法についてはまた後程、書きますね)

その費目分けのルールは、

友の会の家計簿、家庭内の紙類の整理、Evernoteのノートブックの分類 と3つも使えることになります!
3つも共有できるカテゴリー分けのルールってなかなかないと思うんですよね。

この17のカテゴリー分け(今回はノートブック)の脳を鍛えておくと、すごく便利なので、あなたがもし、羽仁もと子家計簿を使っていなくてもお勧めです!

羽仁もと子家計簿に使われる費目は  

税金、社会保険費、預貯金及び保険
副食費、主食費、調味料費、光熱費、住居・家具費、
衣服費、
教育費、交際費、教養費、娯楽費、
保健・衛生費、職業費、特別費、公共費

です。


我が家では自家用車があるので、これに、自動車費を加え、全部で18個です。

 

お金の流れ=家の出来事 と言い換えられるんです。

ですから、この費目で家事のすべてがカテゴリー分けされるということなんです。

 

この18個のノートブックはEvernoteに並んだ感じもすごく美しいんですよ。
漢字の羅列の状態が大変洗練されていて、眺める度に我ながらうっとりします。

ノートブックへの保存方法は、みなさん、もう大丈夫ですよね?

保存しておこうと思ったタイミングで、すべてのファイルをポンポンとそれぞれのノートブックに入れていけばいいだけ。

簡単なタグのつけ方もマスターしたら、もっと手早く、情報を収め、検索することができるようになるんです!


おまけの情報ですが……。
羽仁もと子家計簿をつけようとする人も、
この費目を前にして、家計簿をつけることを挫折してしまう人もいるのですが、

この費目の良さが腑に落ちると

「うちは一生、この費目で行く!!」

という熱を帯びたファン化します。

 

これって、頭の中がミニマム化されて喜んでいる状態なんですよ。 😛 

まとめ  

Evernoteのノートブックが乱立している状態を整理して
主婦用Evernoteとしての使い勝手をバーンとよくする方法をご紹介しました。

何かにつけ、カテゴリー分けが、ぶれると後々イライラする場面も多くなってきます。
探しものが出てこないからですね。

ですから、
みなさんも是非、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で