スポンサーリンク


こんにちは。
家事・家計の最適化コーチのせいこです。

 

 

毎日の食器洗い…できれば、気分よくできたら嬉しいですよね。台所のスポンジは雑菌のすみかというので衛生面も気になります。

 

この記事では、ミニマリストさんやその他の整理収納アドバイザーさんなど、物選びに熱意を持っている方々が、どんなスポンジを愛用しているのかをまとめています。

 

形態の違う、スポンジを5つ選んだので、きっとあなたに合った好みのスポンジが見つかりますよ。

 

ミニマリストが選びそうなキッチンスポンジの基準

まずはミニマリストが選びそうなスポンジとはどのようなものでしょうか。
ざっと考えただけでも、下記の通り、3つぐらいは上がります。

 

  1. 派手な色を好む人は少ない。この頃はモノトーンのスポンジも多い。
  2. 機能的であること。(汚れ落ちもよく、乾きやすい。)
  3. コストパフォーマンスもよい。

 

もし、これまで、あなたが何気ない理由で安易に、スポンジを選んでいたとしたら、是非、今回の記事がお役に立てると思います。

スポンサーリンク

有名ミニマリストさんが選んでいるスポンジは?

それでは、実際にミニマリストさんや整理収納アドバイザーさんなどに人気のあるスポンジを見ていきましょう。

ダスキンのスポンジ

私も、ダスキンモップをレンタルしていた時、販促品としていただきました。
キティちゃんの形で濃いピンク色でした。

 

柄は可愛いのですが、機能は素晴らしくプロ仕様。

(キティちゃんタイプは販促品だけかもしれません。)

 

「一度使うと、もう他は使えません!」と言われる、 ダスキン商品人気No1の台所用スポンジです。
泡立ちも良く、水切れもよい。
両面の素材が違っていて、シンクなどをこすることも兼ねられます。

 

欠点と言えばなかなかへたらないこと。
機能的にはマーナのスポンジとの競合品のような仕様ですが、
ベタベタになることもなく捨てる時期の見極めが難しいです。

亀の子スポンジ

2015年に「亀の子束子」から「亀の子」の名前を受け継ぎ、新しく誕生した「スポンジのスタンダード」……亀の子スポンジ。
商品開発は主婦であり、コラムニストの石黒智子さんの手によるものです。


もちろんただのスポンジではなく…
銀イオンの圧倒的な抗菌効果。

6時間経過時点で検出できないくらい菌の繁殖を抑えます。 
(2017年抗菌塗布を全面仕様にマイナーチェンジ)

ちなみにカラーはホワイトの他にイエローとグレー、コーヒー、カフェオレの4色展開です。

 

亀の子スポンジ専用ホルダーもあります。
(これもすごく丈夫な作りです。ステンレス好きにはたまりません。)

 

石黒智子さんのファンである私も使ってみたところ、手になじむ感じが特徴です。
素肌感覚で食器と向き合える感じですね。

少し、耐久性が短めかなと思いますが、スポンジを買える頻度が気にならない人に、ファンが多いと思います。

 

両面、同じスポンジのため、つかんだ時、食器を洗う時の面を気にしなくてよい点が、大きなポイントです。

極力、選ぶという労力を消耗させたくないからです。

パックスナチュロン

  1. ヘタり具合に差が出ない単一素材
  2. 目が粗く、泡立ちも水切れも良い
  3. スポンジの中にゴミが溜まらない
  4. 耐久性が抜群過ぎて捨てられない
  5. 200円以下でコスパ最強

 

スポンジの目が粗いのが最大の特徴で、泡立ちがいいのはもちろん、ゴミが溜まらず水切れもよくて、常に清潔に使えます。

 

スポンジ面と研磨面の層になったタイプはヘタリ具合に差が出て、なかなか乾かないというお悩みも解決します。


耐久性も抜群です。

びわこ

スポンジの代わりに「ガラ紡糸」という製法で作られた「びわこふきん」の愛用者は多いです。
見た目はただの木綿のふきんですが、なんと水だけで食器の汚れが落ちます。

 

重曹を愛用している人でしたら、重曹いらずで洗えてしまいます。
水で汚れをあらかた落とし、びわこふきんを使えば、ほとんどの汚れがきれいになります。


ふきんの汚れも、水でゴシゴシ洗えば大半は落ちてしまいます。
煮洗いにも耐えるのでスッキリ感を味わえますよ。

余談ですが、びわこは身体洗いにも使えるので、アイテムを兼ねるという点ではミニマリスト的と言えるでしょう。

 

もちろん、お風呂場用と台所用は兼用しませんよ。

マーナ 葉っぱ型スポンジ 

水切れも泡切れもよいです。
しかも、なかなかヘタらない!


先端がとがっているので、隅々までキレイになります。使用した後は、ぎゅっと絞っておくと水切れも良く衛生的。

 

うちのお姑さんが長い間、愛用していました。

 この葉っぱ型の形と両面粗さの違うスポンジが人気の理由かと思います。

粗い面で予洗いをすれば、少しの洗剤だけで簡単に汚れを落とせます。

洗い物が終わったら最後にシンク全体を洗って、粗い面を下にしておけば乾きます。

人によってはスポンジフォルダーも要らなくなるかもしれませんね。

まとめ

以上、ミニマリストが選ぶ(であろう)台所スポンジをご紹介しました。

スポンジのような消耗品は、引っ越しのごあいさつや、ちょっとしたお礼などにも喜ばれますよ。

自分へのストックも兼ねてまとめて買っておくのもよいかもしれません。

よい食器洗い用スポンジは本当に台所仕事が楽しくなるので
是非、ご自分で使い心地を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で