スポンサーリンク


こんにちは。
家事・家計の最適化コーチのせいこです。

ミニマリストとして喪服事情、知りたくないですか?
私はミニマリストに目覚め始めの時、めちゃくちゃ興味を持って調べたのが、このことでした。

特に今回はブラックフォーマル対応のバッグについて、4人のブロガーさんで調べてみました。

バッグだけが「残念、マナー違反だった…」とならないようにしたいですよね。

今回のミニマリストさんの4人、それぞれ違っているので、きっとあなたにピンとくるものが見つかりますよ。

筆子ジャーナルの筆子さん

筆子 ミニマリスト

筆子さんはカナダ暮らしで、喪服は日本のご実家に置いてあるそうです。 バッグも特別なものは準備されてないようでした。

「その時が来たら準備しようと思う。」

「お葬式、間に合わないかもしれないし…(海外からだし)」

という感じでした。
筆子さんらしいというか、まず参列するお葬式の頻度が国内の私たちとは違っていましたね。

なので、今回、参考にできるようなフォーマルバッグ情報はありませんでした。

尾崎友吏子さんもチェック!

尾崎さんは用途に応じて4つほどバッグをお持ちです。
その中で冠婚葬祭には、黒のショルダーのある2wayバッグを普段使いと兼用されています。
手を引く必要のある小さい息子さんがいることもあり、多少の物は入るショルダーバッグという選択はすごく納得しました。

私もそう言えば、子どもが幼い時、バッグ選びはかなりな比重で生活の快適さを左右していました。 自分以外のお世話をするための移動の準備の手間、手をつなぐことによる両手の自由さの必要性…。
ママの大変さの1つですよね。

懐かしいです。

 

さて、尾崎友吏子さんは、普段お持ちのバッグが艶のない黒の革製(多分)を選んでいるので、どのシーンにも使いこなせるのだと思います。


一つのアイテムでシーンを兼用する。

ミニマリストのわかりやすい例だと思います。

やまぐちせいこさんの場合はもちろん…

スポンサーリンク

2015年頃のやまさんのバッグ  

『少ない物ですっきり暮らす』のやまさんこと、やまぐちせいこさんはと言えば、 普段は無印のトートバッグをお持ちです。

チャック付で中身の落下防止に役立ってます。(ご本人談)

ミニマリスト バッグ
やまさんのトートバッグに似てるタイプ。実際は生成り地×黒ひもだそうです。

そのやまぐちさんのブラックフォーマルバッグについてはこちら。

 

 別に冠婚葬祭用の黒いポーチを1つだけ持っています。

子供の入学・卒業式式・お葬式・結婚式以外で、その黒いポーチを使うことはありません。

 

その黒いポーチの画像は見当たりませんでした。
多分、シンプルな黒いポーチなのでしょうね。

 

やまさんは、2017年の秋に黒いカーフのトートバッグを持たれています。
A4のノートやファイルが入るという条件で選ばれているそうで、これを冠婚葬祭に使われているのかはわかりません。

ミニマリスト フォーマルバッグ

参照元:クリームカンパニー カーフトート

ですが、冠婚葬祭の時の黒いポーチのサブバッグとしては、きっと愛用されているのではないかと思われます。
そして、2018年の2月の記事には、無印の ヌメ革ショルダーバッグ/黒 が登場しました。
無印 ヌメ革ショルダー 黒

タブレットが入るような大きさを探されたそうで、このくらいの大きさならフォーマルにも使われるのかもしれませんね。
無印良品

すずひさんのラフな物選びに感動!

先鋭ミニマリスト、すずひさんは少数精鋭のワードローブとして、漆黒のブラウスとそれとセットアップの、同色・同素材のスカートをお持ちです。 

トリアセジョーゼットのブラウスとスカートを普段から着ているすずひさん。

 

もちろん、これで見事に冠婚葬祭に対応されています。
そして気になるフォーマルバッグなのですが、

「喪用」のバッグと普段のバッグを兼ねることはしません。
どちらもが中途半端になるからです。

とスパっと言い切っておられます。

2回のお葬式に1回くらいの割合で 500円で 買い替えるそうです。
買う場所は、近所のよろず用品店W.
「お数珠入れ」「数珠ポーチ」の定位置として位置づけされているとも書かれていました。
すずひさんならでは視点ですね。
お金の使い方のメリハリが素晴らしいですよね。

 

私は2回のお葬式ではバッグを捨てることはできないタチですが…。
とにかくそのスカッとした物との付き合い方はいたく共感いたしました!

まとめ

いかがでしたか?
カナダ在住の筆子さんは番外編という感じでしたが、
他の3人のブロガーさんもめったにないお葬式のために、わざわざ高級なフォーマルバッグを用意してはいないということですね。

結婚式と違ってお葬式は突然、やってきます。
慌てなくてよいように、普段から余裕を持った物選びをしていきましょうね。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で