スポンサーリンク

こんにちは。
家事・家計の最適化コーチのせいこです。

 

まずは料理から時短家事力を身に着けたいと思っても、何から手をつけたらいいのかわからないということもありますよね。
わからないまま、今日も料理サイトを検索するという日々が続いても時短家事にはつながっていきません。

 

料理作りを検索に頼り過ぎず、丸暗記しているレシピを増やすことが時短につながります。
応用のきく合わせ調味料を作っておくことをおすすめします。

この記事では、野菜の副菜が簡単にでき上る、シンプルライフ研究家のマキさんの簡単甘酢レシピとそのアレンジなどをご紹介します。
まずは、1点突破を狙いましょう。

 

時短家事は料理から!簡単レシピをご紹介

時短家事 レシピ

野菜を副菜に摂らなくては!

と思っても、調味料を一から合わせるとなると、めんどくさいですよね。
そんな時は、酢の物をパッと作れる方法をマスターしましょう。
時短にもなるし、野菜を無駄にしない自分が大好きになりますよ。

マキさんのレシピで甘酢は塩が入っていなくてこれ以上、作りやすいものはないですよ。

材料2つ!簡単 甘酢の作り方

マキさんのレシピ

作り方

  • 500mlの保存瓶に約100gの砂糖(3分の1程度の高さ)を入れて酢を注ぐ。
  • よく振って砂糖を溶か完成。

塩を加えてないので、応用範囲が広がらるというのがマキさん流。
使う時に醤油や塩でアレンジします。
保存期間は常温で1~2ケ月。

あさイチで紹介された味の型紙の甘酢
こちらは塩が入っているので浅漬けなどがすぐ出来上がります。

作り方

  • 酢1カップ:砂糖大さじ5:塩大さじ1
  • 千切りにした大根、人参、きゅうりを合わせ酢で和える。

酸味が強すぎず、いくらでも食べられる。
ハムなどを入れてもよい。

甘酢を使った酢の物の作り方

マキさんの本の中で紹介されているレシピです。
マキさんの甘酢を使います。

紫玉ねぎとパプリカのマリネ  

紫玉ねぎとパプリカのスライスをそのまま甘酢に漬けるだけ。
水にさらさなくても1日置けば、
辛みも穏やかになって美味しいです。  

そのままでも食べられるし、アレンジしてもよいですね。

 

ガリ(甘酢しょうがのこと)  

  • 薄切りのしょうがを数分ゆでる。  
  • はちみつを入れた甘酢に漬ける。

    薄く切るのがポイントなので、スライサーで切るとよい。
    多少、厚くなっても家庭だったらそれもご愛嬌です。
    (辛みの好みによってゆで時間は調節する)  

 

お寿司屋さんのガリまで簡単に手作りできるなんて、嬉しいですよね。
初夏の新生姜の季節が待ち遠しくなりますよ。

甘酢を使った寿司飯の作り方

この甘酢を常備していると、ちらし寿司や手巻き寿司も時短料理のレパートリーに入れることができるようになります。

あさイチの甘酢を使って寿司飯を作ります。。

 

ご飯と寿司酢の割合

炊けたご飯3合(約1キロ)に対して、甘酢100ml。

ご飯の重量に対して約1割の甘酢と覚えればいいですね。

基本的にはこの甘酢の割合でよいです。
昆布のうま味をプラスしたかったら、 大さじ6の酢に対して、粗切りにした昆布を4分の1カップほど加えて一晩おいておきます。
(その後、昆布は取り出します。)

粉末の昆布だしや昆布茶でも代用ができます。
ご飯に、出し昆布を入れ炊くという人もいますね。

甘酢を使った酢の物の作り方で、
今回の甘酢の酸味がキツイと感じられる方は、倍の出し汁で薄めるとよいです。

出しは粉末のだし+水でOK.

ひとしお大根の甘酢和え

  • 大根やかぶなどをいちょう切りにして、ひとしお大根にする。
  • しんなりしたら、洗って絞り、甘酢に漬け込む。

簡単ドレッシングの作り方

残り野菜が立派な一品に。
 甘酢:醤油:ごま油を 1:1:1で混ぜ合わせる。
白いりごまを適量混ぜて、出来上がり。

千切り大根にじゃことかつお節をのせれば、立派な一品。

 

簡単!甘酢のアレンジメニュー

甘酢…大さじ5 針生姜…ひとかけ 作り方 甘酢に生姜を漬けたら出来上がり。

1~2ケ月保存できます。

 

レシピ参照元:『しない家事』マキ著

スポンサーリンク

時短家事のレシピの本のおすすめは?

『しない料理』 マキさん 著 

今回の記事にも書いた通り、マキさんの本には時短の工夫がいっぱいです。

 

マキさんとは?

ブログ「エコナセイカツ」主宰。
大人気のシンプルライフ研究家。

この本は、料理が苦手と自称するマキさんが、

覚えられるくらい簡単な材料で作れる調理法。
自分のキャパを超える料理はあきらめた。
料理が苦手な人が苦痛じゃなくなるような、マイナスな気持ちがせめてゼロになる。

という本です。

料理が比較的好きな私ですが、レシピサイトをいちいち見て作ることに負担を感じていました。
だから、この本に書いてあるエッセンスに大変共感できました。

料理に対してのミニマム化にすごく役に立つ本です。
料理が好きではないという方のレシピなので、凝った料理を作りたいという人向けではありません。

でも、

 

理がめんどくさくてつい、お店で出前をとってしまって、食費がかさむ

 

などと悩んでいる方にも最適な本です。

とりあえず、炒めて主菜を作ればよい!という発想に変わるからです。

他にも、平日の調理パターンを決めているところなど、真似したい部分がたくさんあります。

『NHK「あさイチ」スーパー主婦の直伝スコ技!』

スーパー主婦主婦は、時短家事を極めた全国友の会のグループです。

この本では、掃除、洗濯、料理の時短家事について網羅されています。
料理が楽になる初めの一歩「献立の黄金比率」など大変参考になります。

是非、読んでみてください。

こういうハウトゥー本は、家事力の基本ポリシーから学べるものを1冊持って愛読すると、ノウハウジプシーにならないように思います。

基本の上に、小技を付け足していくやり方がよいと思うのです。

まとめ

料理における時短家事の第一歩を踏み出すためには、考えずに作れるレシピを一つずつ覚えることです。

今回はマキさんの甘酢をご紹介しました。
レシピが気に入ったら、マキさんのように500ml単位で作るのもお勧めです。

この甘酢で、小鉢料理を何かしら毎日作るようにするとマイ時短レシピとして、すぐ身に着きますよ。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたら「いいね!」してくださ~い!!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!

Twitter で